誰もが欲しがるのが無垢のテーブル

無垢のテーブルでリッチな雰囲気になります

大人気のおしゃれな無垢のテーブル特集

一枚板でつくられた無垢材のテーブル。新築の機会に購入を検討する方や、いつかは自分の家にもと憧れる方も多いと思います。無垢材とは他の素材を貼り合わせたり、混ぜ合わせたりしない天然の木をそのまま使った板のこといいます。無垢材には天然の素材ならではの高級感や重厚感、そして木のもつあたたかみまで感じられるため、とても人気があります。しかし、天然素材であるがゆえに貴重であり、そのお値段は高価なものになりがちです。せっかく高価な無垢材のテーブルを購入するなら、失敗のないようにしたいですよね。店頭であれこれと迷わないためにも、事前にどの部屋でどう使うのかイメージすることが大切です。そこで今回は雰囲気に合わせた無垢材のテーブルを紹介します。イメージの参考にしてみてください。

部屋の雰囲気に合う無垢材を選ぼう<ナチュラル篇>

無垢材のテーブルを選ぶときに重要になってくるのが色です。床や他の家具の色とのバランス、どんな雰囲気の部屋にしたいのかによって求めるテーブルのイメージも変わってきます。無垢材と一口に言っても木の種類によって色や風合いはかなり違ってきます。雰囲気別に代表的な木の種類を見ていきましょう。ニレ古来より日本文化となじみの深い木です。割れにくく、粘りがあります。木目がやわらかく、明るい風合いです。パインやわらかい白木で節が目立つのが特徴です。素朴であたたかい雰囲気があります。無垢材の中では価格が低めです。オーク白木の代表ともいえ、ダイニングテーブルによく使われます。のびのびとした美しい木目を持ち、北欧風家具としても人気があります。また、使い込むほどに落ち着いた色合いになります。タモオークに似ていますが、より木目がはっきりしています。優しい肌色ときれいな木目が特徴です。

部屋の雰囲気に合う無垢材を選ぼう<シック篇>

ウォールナット世界三大銘木のひとつ。強度があり狂いも少ないのが特徴です。重厚感のある濃い茶色はシックなインテリアとよく合います。ブラックチェリー木目が繊細で艶があります。使い込むほどに色に深みが増し、薄桃色から濃い飴色へと変化していきます。美しい光沢と木肌は世界の銘木にも匹敵します。チーク赤みがかった色合いと美しい木目が特徴です。重厚感があるだけでなく、耐久・耐水性や防虫性にも優れています。こちらも世界三大銘木のひとつ。マホガニー木目が美しい材です。使い込むことで赤みが増して高級感が出ます。楽器材としてもよく使われています。世界三大銘木です。無垢材のテーブルはそれだけで存在感がありますが、選ぶ木の種類によってさらに印象が変わってきます。それぞれの特徴を参考にして、お気に入りのテーブルを見つけてください。